ここまではトラ技コンピュータで読んでた

コンピュータグラフィックスではCSGモデルについて。交差判定や法線ベクトルを計算しやすい形状を何種類か前もって定義しておき、それらの重ね合わせ(和・差・積)で物体を表現する手法。