読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブクマタイトル改変という禁忌を犯したが、さて

はてブではブックマークした記事のタイトルがすべてのユーザーで共有されるし、それは新着・人気記事リストのタイトルにもなるので、基本的に改変はすべきでないとされていて、対象ページそのもののタイトルが未設定だった場合などに限るとされている。
エントリーのタイトル変更のガイドライン - はてなブックマークヘルプ

ただ今日、以下の記事ではガイドラインを破ってでもタイトルに注意喚起を書くべきだと考え、「【デマ注意:コメント参照】」というプレフィクスを付けた(もちろん参照先の記事内容はデマだ。WHOはインフルエンザワクチンが無効だなんて言っていないし、当然接種を推進している)。
はてなブックマーク - WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数 | ビジネスジャーナル

その後、「改変はいかがなものか」という意見が付き、実際に差し戻されたし、それらはもちろんガイドラインに沿った正当な意見・行動だとは思う。

その上で、id:dusttrail 氏と id:pc_nagomu 氏にはもう一歩踏み込んだ見解を伺いたいです。
「批判点の多い(ゆえに批判コメントを集めてブックマーク数が伸びる)記事が上位ランキングに入って目立ってしまうはてブというシステムにおいて、ランキングを一瞥しただけの人に(不特定多数の人の命に関わる)誤った言明がインプットされてしまいやすくなるという問題について、ユーザーとしてどのような姿勢が好ましいとお考えになりますか?」

いや、この問いへの答はいろいろありうるし、実際見解が自分とは違うからこそああなったわけなんだけど、短いやりとりだけからはわからないそれぞれの見解についてもっと深く知りたいなと。

ちなみに、予想される「『デマ』などのタグが同時に表示されているから十分ではないか」という反論については、見る側の環境の多様性(モバイルや、マッシュアップページ経由での閲覧)への考慮が足りないのでは、とあらかじめ再反論を置いておきます。

イクラちゃん視点

マスオ
——————サケ科の壁——————
タイ子
カツオ
タラオ
——————硬骨魚類の壁——————
サザエ
——————動物の壁——————
ワカメ
ノリスケ
——————生物の壁——————
フネ
——————物体の壁——————
波平
——————海関連の壁——————
タマ

「科学も宗教の一種でしょ」問題について

「科学も宗教の一種でしょ」という残念な、とても残念な認識を僕は1ミリたりとて肯定するつもりはないのですが、かといって無条件に否定するつもりもないってのが今の立場です。

どっちつかずですね。

もう少し厳密に言いましょう。

  • 人類にとって科学は宗教じゃありません。
  • 個人の視点で、特に研究者でない一般人の視点で科学は宗教の一種たりえます。

まず科学が宗教でない理由にあまり文字数を割きたくはないのですが、科学的な知識が宗教的な教義でないのは

  • 誰かがそう言っている、そう書かれている、ではなく
  • どういう観察結果からどういう考察を持って結論された知見かで記述されており
  • 検証可能である

からですよね。

最後の検証可能であることが一番重要なんですが、その主語ですよ。人類にとって検証可能、なんですよね。

例えばですよ、地球が丸いっていう常識的な知見について、「自分で検証したから信じてる」って人どれだけいますかと。(それなりに数学ができれば「GPSの測位法が成立しているのは地球がジオイドになってないと無理だよね」って言えるかも知れないけど。そういう人はそれ以外の“当然だと思ってるけど自分では未検証の常識”を何か思い浮かべてください)

知識ベースの大部分はそうだと教わったからそうだと知っているわけで、個人の立場では未検証のまま受け入れている知識、つまり宗教の一種だというのは確かにその通りなんですよね。

人類全体では検証を重ねて非宗教的に科学知識を積み重ねている。各個人はその人類全体の営みを信頼することで科学的知見をあたかも宗教的に利用できている。そういう構造でしょうと。

そしてですね、信頼関係あるところに悪いハッカーありですよ。科学への信頼という構造に不正に介入して利益を吸い上げようとする活動がつまり疑似科学であるわけです。そう考えると疑似科学、単なる詐欺師に対する憎たらしさだけでなくて人類全体の大事なシステムへの挑戦であるというより深い憎しみとか、構造上避けられない存在なのだなという諦めとかいろんな思いが出てきますね。

科学研究に携わっている人は、ベースで持っている科学知識量が多いし論文の参照ネットワークから知見同士の矛盾に気付きやすいので疑似科学のハックに対して頑強ですね。研究者視点からはもう「論文の形で発表されていない」だけで切れるので判断はとても簡単。

ところがそうした研究者視点の裏さえかこうと論文書いてデータ捏造してハックしてくるやつらもいて、そういうのはもう疑似科学でなく研究不正と呼ばれるわけです。

だから小保方、あんたのやってることは人類の築き上げた偉大な信頼構造にくさびを打ち込む行為だってこと認識しろ。

楽天カードの最速解約方法

  1. 楽天カードをなんとかして紛失します。なんとか所在を忘れ去ります。
  2. 紛失ダイヤル0120-86-6910に電話します。24時間対応。携帯電話からも無料。
  3. なくしちゃいましたごめんなさいと悲しそうに言ってカード止めてもらいます。
  4. このまま解約お願いします

Miix 2がきたので褒める

職場でMiix 2を支給されまして。艦これ専用端末だと思ってたんで電子会議用の端末として使うことになるとは思ってもみてなかったですね。

いじってみての感想いってみましょう。

  • 軽い。
  • タッチパネルの精度はしょぼい。初期のテキストサイズも“小”なのでタッチ精度とあいまってまともにリンクをタップできないです。テキストサイズは“中”以上を推奨。
  • カメラの画質は悪い。どのくらい悪いかというとiPad 2くらい。
  • 充電は遅い。10時間駆動だけど充電も10時間とかそれくらいかかるとかなめてんの。
  • Microsoft OfficeKingsoft Officeが両方プリインストールされてるって一体何がしたいんだ。
  • Windows Defenderとマカフィーが両方プリインストールされてるって一体何がしたいんだ。
  • BaiduIMEがプリインストールされてて標準のIMEになってる。テキストサイズを中にするのとBaiduIMEをアンインストールするのとどっちが先か迷った。
  • 顔認識ログオンユーティリティのLenovo VeriFaceってのが入っててこれは便利。ドメインアカウントのパスワード変えるたびにVeriFaceにパスワード教え直すの面倒だからこれからはパスワード毎月同じままにするか*1
  • ディスク暗号化が標準でオンになってるのでさっさとはずした方がストレス低め。
  • Lenovo System Agent Serviceってサービスが動いてて説明文は意味不明だしぐぐっても情報ないしで気持ち悪いので、とりあえず開始を手動にした。

というわけで褒めどころは軽さとVeriFaceとなりました。

*1:なんとこれまでは真面目に情シスの指示どおり毎月変えてて、しかも同じのを使ったことがなかったり

mixiのコードインジェクション騒動をたとえ話で説明する

石油王ミクシィ氏は可愛い一人娘を悪人の手から守るため、危機を知らせてくれた人には謝礼を出していました。
これまで「スリに遭いそう」「のぞきに遭いそう」のような通報を受けて実際に謝礼を出していましたが、今日はなんと「催眠術にかかったまま新宿歌舞伎町をふらふら歩いている」という通報が来ました。これまでとは比べものにならない特A級の危機です。当然払うべき謝礼もこれまでとは桁違いです。

ところがミクシィ氏、何を思ったか「ありがとう。でもそれは知ってて、施術し直してもらう手はずだった」と謝礼は出さずじまいでした。

そのことが伝わった社交界はやにわに騒然とします。ミクシィ氏の言い分が本当なわけありえませんから。大事な一人娘が洗脳されかねない危機、施術し直しは当然として、それ以前に家から一歩も出していいわけがない
本当に催眠術のことに気付いていて家から出していたならそもそも娘を持つ資格がないし、高額な謝礼を惜しんでのウソだったとしたら、もう誰も危機を知らせてくれる人なんていなくなります。今後娘は襲われ放題でしょう。

どちらにしろ、ミクシィ氏はもう娘を育てるべきではないだろうと社交界は判断しました。



なんて第三者的なお話を書きつつ、おれもはてブとついったーで拡散した炎上サイドなんですけどね。

抜き打ちテストのパラドックスとBitcoin

Bitcoinが価値を完全に失うXデーが存在するけどそれがいつだかは予測できないというのがなんだか抜き打ちテストのパラドックスに似ていると思った。

抜き打ちテストのパラドックスとはあれのことです、「来週のどこかで抜き打ちテストをする」と教師が予告した言葉を信じるなら来週のどの日にも抜き打ちテストはできないと結論できてしまうという思考実験。
金曜日に抜き打ちテストはできませんね。だって木曜夕方の時点で未実施だったらもう金曜にやるしかない=実施日が前日に判明しているなんて抜き打ちテストではないから。
金曜にできないことを前提とすると、同じ理由で木曜にもできなくなる。そして同じ論法で進めていけば月曜から金曜、すべての日に実施不可能じゃないですかと。

さてBitcoin。約10分ごとの計算量競争の勝者に新規コインが発行されるのが2140年頃まで続き、この競争に提供される計算量がBitcoinを取引履歴偽造から守ってる。つまり2140年の最後のコインの発行後は、もう計算量競争がないから取引履歴も保証されず、決済手段としての価値は完全にゼロとなる。

だったら最後のコインを獲得する計算量競争に(高い電気代を払ってまで)参加する意義はあるか? ないですよね。

となると最後の1コインを残した状態で計算量提供は途絶え、Bitcoinも価値を失うことになるわけですが、すると同じ理由で最後の一個前のコインを獲得する計算量競争も参加する意義がなくなりました。この論法を繰り返していくと…?

これは、似ているどころじゃない。抜き打ちテストのパラドックスそのものでした。思考実験でなく財産賭けたリアルのゲームで、しかもすでに始まってしまっている。

先生、あなた何曜日にテストやるんですか?



訂正 2014/04/16
すごい大事なこと見落としてました。計算量競争の勝者には新規コインだけじゃなく、期間中に発生した送金手数料がすべて与えられるから、新規コインの発行終了後も競争の報酬はなくならないです。
だからBitcoinは抜き打ちテストじゃありません。