読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決め手はファーストルック

おいらはとても優柔不断です。なにか選択肢が複数与えられると、どれも捨てがたく感じてしまってひとつに決められないのが常。
しかし、実際に選択肢からひとつ選び出すのはすぐに終わります。あるルールに従っているから。
そのルールとは「最初にいいと思ったものに決めろ」。
経験的に、品定めをしていていろいろ目移りがしてしまうとき、結局最後の最後に買うのは、その日最初に欲しいなと思ったモノだということが多いから。だったら、迷う時間だけばっさりカットしちゃえばいいじゃないかと。
理由はそれともう一つ。
ひとつの選択をしかねるとき、それは大抵、考えているんじゃなくて単に迷っているだけです。それで決まるわけがないんだから、最終的に自分の満足を極大にすることを考えたい。
一目惚れしたから、という理由で自分が選んだ選択肢だと、その後なにかしらトラブルがあってもあまり満足度は下がりません。「だってこれが良かったんだから」と納得できるから。すると、最初にいいなと思った、その直感をそのまま受け入れるのは理にかなっているのです。