読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えてみたらこの失敗、変だ

研究日誌

並列処理の新アルゴリズムの実行結果、並列じゃない従来アルゴリズムに比べて桁違いに遅くて実験失敗の色が濃かったんだけど、失敗理由を考えるにつれてわからなくなってきた・・・。
そもそもクライアントが1台だったら従来アルゴリズムとまったく同じ振る舞いをするはずなのだ。なのに、実際やってみると計算量が増してる。
アルゴリズムではなく実装の問題だってことかもしれない。どこかで、動作が違ってしまっているということです。だから、どこで違いが出ているかを突き止めれば問題解決につながる可能性があるんですよ!
だから今細かく解析中。論文書くのほっぽり出して(そりゃまあ、結論の手前まで書き上がってるから)。
注:提出期限まであと5日