読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計を信用できなくする

ああ、最近心が荒んでます。(おいヒデキ「荒んでる」がちゃんと読めてるか?「すさんでる」だぞ)
誰にもこう、心が荒んでる時期と健全な時期の波ってのは多かれ少なかれあるんじゃないかと思います。そしておいらの場合、荒んでいる時期には症状として、時間にルーズになります
ここ数ヶ月荒み気味だけど、たぶん今が一番ひどい。今だったら、自分の結婚式にも余裕で遅刻できる自信があります。
さて以前にも、つっても何年も前だけどひどかった時期があって、やっぱりそのときも時間をまったく守れない人間になってました。そこで何とか立て直そうと、まず時間内行動を守るための方法を考えたのです。
よくあるのが、時計を5分とか10分とか、やや進めておくという方法。でもこういうのは(おいらには)ダメ。進んでいるのを差し引いて考えちゃうだけで、結局変わらないのです。そこで、こうしました。
知り合いに腕時計を渡して、「±5分の範囲内で狂わせてくれ」と頼む。
これで、進んでいるかも遅れているかも分からない時計ができました。5分遅れている可能性があるので5分前行動が強制される。実際には5分進んでいたとしたら、合わせて10分前行動ができていることになります。
この方法、結構有効でした。まあ、しばらくすると何分狂っているかわかってきちゃうんだけど。
さて今回もこの方法を久々にやろうかな・・・と思ったら。
無理。
腕時計も携帯も、電波で常に正確になってるから自分で時計あわせさえできないんだよなあ。