読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王の誕生

あわせてもう何週間になるんだろうか。天空闘技場と名付けた仮想の戦場でオセロ生物たちを終わりのないバトルロイヤルに放り込んでから。
オセロの研究をするには、なるたけ強い思考プログラムがあった方がいいのです。そこで自分の作った思考プログラムをチューニングしたいんだけど、細かいパラメータ設定はどうやれば一番適切なのかよく分からないから、自然淘汰の仕組みで一番最適なやつに生き残ってもらおう、というわけでバトルロイヤル。
そしてついに、王者と呼べるやつが現れたのです。

白くマークしたやつがそう。右端の7615ってのは優勝(+準優勝)回数です。この天空闘技場では、総当たり戦の末に下位2名は抹殺されます。代わりに上位2名をもとにして新しいプレーヤーが登場する。29名のプレーヤーは少しずつ構成を変えながら大会をこなしていきます。
3桁くらい優勝する強豪は現れるんだたまに。でも、そういう強豪も万能じゃない。いつの間にか弱点を見破られて最下位に落とされて消えていってしまう。
でも王は違うのです。優勝回数がまず違うし、しかもちょっとやそっとじゃ下位に落とされない。
優勝を重ねていると、新規参加のプレーヤーは自分をもとにした子供みたいなものだから、自分と傾向が似ているわけです。つまり、優勝しまくっていると闘技場が自分と似たやつらで埋められていく。すると、「王対策」に優れた新しいプレーヤーが現れればそいつはものすごく有利になるわけで、王は常に下克上に脅かされているはずなのです。なのに落とされない。勝って勝ち続けてこそ王ってことだ。
(パラメータの解説)

  1. 隅・・・盤の四隅の石の価値。
  2. 星・・・隅が空いている場合の、その斜め隣の石の価値。
  3. C・・・隅が空いていて2つ向こうも空いている場合の隣の石の価値。
  4. 取・・・打ち込める隅の価値。
  5. 確・・・確定石(隅やそこから連続する、返されない石)の価値。
  6. 着・・・打てる空きマスの価値。
  7. 石・・・石数一個あたりの価値。

(これらを序盤用・中盤用・終盤用に3セット持っている)