読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖いものは

夜の病院で当直なんかやってれば、大抵の怪談は怖くなんかなくなります。というか、オバケの10人や20人にいちいちびびっているようじゃお仕事になりません。
・・・もっとも、おいらは「霊感のない」たちで幸か不幸かオバケと対面したことはないんだけど。
今日は病棟をまわったときに看護婦さんたちとそういう「病院で出る」やつらの話になっていろいろ聞いちゃいました。体験した本人の語るリアル病院怪談。いや季節外れの涼しさだった。
そのあとはそのまま仮眠したんだけど・・・
深夜になって。
急変でコール。原因不明の声門狭窄が続いていた人が突然の呼吸困難。おそらく声帯が急に腫れたんです。
って、原因もわからないのにどうしたらいいねん。ステロイドとアドレナリンで治まったけど(アドレナリンを使うところだったのかは謎だけどね)、はっきり認識しました。夜の病院で怖いのはなにより急変です。