読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルオープン

ステージ

今期歌ってきて課題にしていたのが、のどと体をいかに開くかってこと。今日のコンサートはそれを試す場でもあります。「開く」とだけ言ってもどういう状態を指すのかはイメージしにくいだろうけど、上半身の力が抜けて声が自由に通っていけるような状態にすることっていえば近いかな。のどをどんどん開いていくと特に高音はばんばん出ます。
でも今日体験したのはまた別の感覚。「頭蓋骨が鳴る」という感覚を初めて経験しました。これはひとつのレベルアップに違いない。調子のいいときに「イ」母音でできただけだけど、これは使える。応用範囲を広げてけるといいな。これはどんな感覚かというと、両耳の穴の前のあたりを中心にびーんと響いている感じ。逆に響かせるのが苦手な母音は「エ」なんだよな。「イ」と近い音なのに。
さてコンサート本番。適度な緊張感もあっていい演奏だったんじゃなかろうか。『初心のうた』はやっぱり歌って気持ちいいし。まあ、歌ってていい演奏だと思っていてもあとで録音を聞くと愕然とすることはままあるので、ほどほどってことで。