読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脈絡がなかったのでキーワードだけ

自然言語処理では、句構造文法の構文解析のとき表れる複数の解析木候補を絞るための手法として、動詞や形容詞がどんな成分をその後に引き連れるかといった知識を利用する方法を。係り受け文法でも格の決定の仕方として必須格(動詞の意味づけに欠かせない格、「行く」なら目的地など)と自由格(どんな動詞にも付いても付かなくても構わない格、いつ・どこでなど)の区別を知識として持つ方法など。
さらには、係り受けタイプ、句構造タイプそれぞれを反映した意味表現。