読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二郎に引っ張られ

その量と油で妖しい人気を放ち続ける二郎にラーメンを食べに行きます。8人中、おいらも含めて半分くらいが二郎未体験。全員が「小」を選んだあたりにいつものヒヨり具合が透けて見えてなかなかよろしい。小でも十分凶悪な食べ応えなんだけどな。それはまあいいとして、店内で流れ続けるBGMがずっとサザン。ラーメン屋でサザン? この街はまだまだおいらの理解の上を行っています・・・
しかしラーメンを待っている間も食べてる間も聴き続けて、店を出るときには耳がサザン。もはや歌わずにはおれなくなりカラオケ屋に直行したのでした。そしてサザン縛りが発動。DAMの端末機はオーダーした歌の履歴が出るんだけど、履歴をサザンで埋めてほくそ笑む怪しい男達の夜11時でした。